ED治療薬の歴史

緑のカプセルと葉と瓶

ED治療薬の歴史において、はじめて登場したのはバイアグラです。
バイアグラはもともとED治療薬としてではなく、狭心症の治療薬として開発されていました。
幾度も臨床実験を繰り返しました結果、狭心症治療薬としてバイアグラは効果的ではありませんでした。
しかしその過程で偶然にも強く硬い勃起を引き起こす作用を持っていることが判明しました。
この副作用が思わぬ発見となり、狭心症の治療薬ではなく、ED治療薬としての研究が進められました。
1996年にその特許申請が認められ、臨床実験で問題となる副作用も無かったことから1998年にはアメリカ食品医薬品局に認可されました。

それまでのED治療薬と違い陰茎に注射をする必要も無く、服用するだけで効果があらわれる治療薬として世界中の勃起不全の男性の間で話題となり、現在までED治療に大きく貢献してきました。
ジェネリック薬品も存在しており、保険適用外の薬ですが比較的入手しやすくなっています。

その後も研究は続けられており、食事の影響を受けにくいレビトラや、効果時間が非常に長時間のシアリスなど様々なED治療薬が開発されています。
それぞれ効果や副作用に強弱があり、現在では自分の希望にあわせて好みの薬品を使用することが可能となっています。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ